シニアエキスパート

アルファブレーンのシニアエキスパート事業の目的は、「技能伝承」と「人材育成」です。


当社は、経験・知見の棚卸しから「技能」としての整理やクライアントへの伝え方などでシニアを支援しています。また、ご活用いただいた際には、コンサルタントによるフォロー体制があります。


シニアエキスパートは、比較的安価に特別な専門家をコンサルティングファームの技術体系化とコーディネート付きで、ピンポイントで活用できるのが特徴です。


他社の異なる視点や長い経験から得られた知見を持った一流の人材から学び、従業員の育成に活かすことこそ、シニア人材の正しい活用方法だと当社は確信しています。


当社の【シニアエキスパート】は、以下の関門をクリアできた方々です。

 ①経験・知見の棚卸しを行い、整理し、「技能」として形にすることができた。

 ②「技能」をどう伝えれば、世の中のお役に立つのかを考え抜くことができた。

シニアエキスパートの紹介

知財・契約とビジネスのシニアエキスパート

Created with Sketch.

主な経歴

大手金属材料メーカーで長年、知財部門の責任者を務め、頼りになる闘える知財責任者として活躍した。

経営における知財戦略の重要性が増す中、自社技術(知財)と経営資源の視点から、海外を含む他社とのスキーム検討、各種の技術契約に潜むリーガルリスクについて経営層に判断材料(資料)とその時点で考えられる適切な選択肢、意見を提示することで、経営に貢献。

又、出願による権利化のみならず、出願せずにブラックボックス化したノウハウを管理する仕組みを含む社内での知財管理のしくみ構築で貢献。

国内企業・大学のみならず、米国、中国など他社とのライセンス契約、技術援助契約、共同開発契約、契約履行管理、交渉、係争の経験が豊富で、海外の知財係争(訴訟含む)に関して各国ごとに異なるアクション・視点をアドバイスし、係争にかかる膨大な時間と莫大な費用を最小化できる契約と係争のプロである。

社外活動では、知財関連団体に所属、代表的役職を歴任し、知財やライセンスに関する産学官での情報交換、研究活動、国際交流等を経験。

現在は、米国特許法律事務所の日本窓口として活躍中。

 

支援領域(例)

・知財戦略視点からの経営への貢献

・アライアンス・ライセンス・技術契約に関する対応(特に、英文契約に潜むリスク検討と対応)

・自社技術の棚卸・見える化と社内インフラの構築

・知財係争(訴訟)に関する対応

・最新の知財情報や幅広い人脈に基づく対応

 

*その他、自社技術の取り扱いや知財(特許)関連でお悩みの方はお問い合わせください。

設備調達とコンプライアンスのシニアエキスパート

Created with Sketch.

主な経歴

大手化学メーカー、系列のエンジニアリング関係会社にて、長年資材調達責任者を務めた。

米国での新規事業の工場建設と現地化を経験。シンガポール、台湾、中国等で調達業務を通して現地文化への対応など海外対応経験が豊富。系列のエンジ二リング関係会社では、国内外の大型プロジェクトの調達業務の指揮を執る傍ら、コストエンジ二リングのしくみを構築して 妥当性のある「安く買う」調達基準を整備、運用、定着し、自社・親会社の経営に貢献。

その後、新規事業開発責任者を経て、常勤監査役に就任。

常勤監査役時代は、下請法や建業法に精通し、実践的な法律遵守の

勘所を伝授しながら、コンプライアンス違反の防止、解決にあたり、不正、癒着撲滅に尽力。

 

支援領域(例)


・コストエンジニアリングによる安く買うしくみと体制構築

・海外調達への対応

・コンプライアンス対応

・不正や癒着の防止への貢献

 

*その他、資材購買、コンプライアンス対応でお悩みの方はお問い合わせください。

プロジェクトを成功に導くシニアエキスパート

Created with Sketch.

主な経歴

大手自動車部品メーカーにて、製品開発に従事し、数多くの技術的ブレークスルーを経験。

米国駐在時、マネージャーとして現地化と収益改善で経営に貢献。

帰国後、製品企画部門でプロダクトマネージャーとして、日本発グローバルに向けの製品開発や日本のカーメーカー向けのビジネスの拡大に貢献。

定年後、嘱託のシニアマネージャーとして、生産改善関係のプロジェクトのリーダーや中核メンバーして活躍。8年間の様々なプロジェクト活動を通じて現役世代への課題を解決する技術・技能の伝承、若手・中堅の人材育成というシニアの使命も果たした。

特に「チャレンジングな課題解決プロジェクト」「経営上重要だけどなかなか進まないプロジェクト」等、生涯を通じて難度の高い数多くのプロジェクトに携わり、課題の性格や起こっている問題の本質を見極め、解決の道筋を的確に立てることによって課題の解決を支援し、今までできなかったことができるようになった。『成功にマジックはなく、技術的課題や組織間をまたぐ課題などを見える化し、プロジェクト関係者の英知を集めて一つ一つ地道に解決することがカギ』ということが信条。

経営者から継続を懇願されるほどの外資大手が手放したくなかった課題解決の匠。

 

支援領域とテーマ(例)

●品質関係

 ・慢性的な製品、資材の品質不良の低減

●コスト関係

 ・製品の採算性の改善

 ・製品、資材の在庫削減

 ・製品、資材の棚卸在庫差異の削減

 ・物流コストの削減

 ・予備品の在庫削減

●製品関係

 ・製品機能、性能の向上

 ・新製品の戦略策定と開発企画

●生産関係

 ・生産機械の稼働率の改善

 ・IoT化の推進

 ・自動化の推進

 ・技術や技能の伝承の推進

●知財関係

 ・特許出願件数の向上

 ・ノウハウの蓄積と管理

 

*その他、その他、お悩みのテーマがあればご相談ください。